制作物(2017~2020)

福島アトラス01

「福島アトラス01」

原発事故避難12市町村の復興を考える基盤としての環境・歴史地図集

[福島アトラス01の仕様について]

□制作物:A4縦 64項

□活動の対象者:福島県被災12市町村被災者・帰還者、復興従事者、自治体、国

□頒布方法:被災12市町村全世帯配布4万部

□発行日:2017年3月31日発行

企画・発行所:特定非営利活動法人福島住まい・まちづくりネットワーク

監修:青井哲人(明治大学理工学部准教授)+明治大学 建築史・建築論研究室

編集:川尻大介

デザイン:中野豪雄、小林すみれ(中野デザイン事務所)

編集協力:井本佐保里、須沢栞、千野優斗(東京大学復興デザイン研究体/建築学専攻)

芦屋龍征、富山大樹、中井希井子、西恭平(明治大学)

ドローン撮影:株式会社ふたば(pp.09,15,19,23,29,33,37,41,47,51,55,59)

協力:株式会社はりゅうウッドスタジオ

日本大学工学部 浦部智義研究室

※本誌は「福島県28年度ふるさとふくしま交流・相談支援事業(県内避難者・帰還者支援事業)」の採択・補助を受けて発行するものです。